値段と容量といいコスパがとてもいいBBクリーム

値段と容量といいコスパがとてもいいBBクリームだと思います。容器もANNASUIらしくかわいいですし、細くポーチの中でも場所を取らないので持ち運びも気軽にできます。また、ほのかなローズの香りが気分が上がると思います。

SPFが50なので、夏のちょっとした外出にもさっとぬってでかけられるのでとても、使い勝手がいいです。色もしっかり付き、カバー力もあるのでこのBBクリーム1本にパウダーはたいてベースメイクは終了してしまいます。もちろん、しっかりメイクをしたいときは下地クリームとしても最適です。

夏場は汗などですぐに化粧が崩れてしまいますが、これを塗るようになってからは、わりと持ちがいい気がします。崩れても、上からまたクリームを少量ポンポンと叩くだけで化粧直しできるので、違和感なくナチュラルな仕上がりができます。上から重ねるてというより崩れたところを少し追加で直す程度なので、化粧直しも楽です。

重ためでツヤ感があるクリームは苦手なのですが、こちらはつけ心地も軽いですし、マットよりなクリームで仕上がりも白い陶器のようにサラサラとした肌感が保てるので好きです。肌の血色もワントーン明るくなるので、顔色の悪さもカバーできています。化粧していますというより素肌感や透明感がでるので、ナチュラルメイクの人にはおすすめです。

このシリーズのSPF30で保湿感があるBBクリームもあるので季節によって使い分けをしています。

カテゴリー: beauty | コメントする

体型維持のためにホットヨガ

28歳女性です。高校生のころにダイエットを始めて3ヶ月で52キロから42キロ(身長160cm)まで体重が減りました。一食をグレープフルーツに置き換えるダイエットでした。ダイエットに成功した私は見ためも変わり、オシャレも楽しくなり、性格まで明るくなったようで、本当に楽しい学校生活を送っていました。が、その反面、リバウンドへの恐怖や、もう十分細かったのにもかかわらず、もっと痩せたいという思いが強くなり、次第に拒食症のようになって行きました。体重は38キロまで落ち、周りの友達や家族にも痩せすぎで心配されました。生理も止まりました。拒食症だった期間は2ヶ月程でしたが、それからは拒食と過食を繰り返し、過食をした後は便秘薬を用量以上飲んで、食べたものができるだけ体に残らないようにしていました。
拒食と過食を繰り返す日々をその後2年ほど過ごし、体重が徐々に増えていったこともあり、大学生になった私は精神的に崩壊し、一切外出することができなくなり、友達との連絡も絶ってしまいました。その後、大学を中退し、3年間ほどひきこもりになってしまいました。すべては痩せることへ執着しすぎた結果でした。ひきこもっていた間に、体重は高校生の頃にダイエットを始めた時以上の63キロまで増えました。両親にこれ以上迷惑と心配をかけられないと思い、ひきこもりながらも野菜中心の自炊料理とウォーキングで、ゆっくり体重を減らしていきました。外出もできるようになり、アルバイトも始め、ホットヨガも始めました。徐々にですが友達ともまた連絡を取り始め、まだ理想の体型ではなかったものの普通の生活ができるようになって行きました。
今は通常の生活を送れていますが、やはりダイエットを意識し、体型維持のためにホットヨガには通っています。拒食と過食を繰り返していた日々やひきこもりもの期間は本当に辛かったですが、今となっては大切な人生勉強をしたと思えます。女性にとって、ダイエットで自分を磨くことはもちろん良いことですが、やりすぎは禁物です。健康と綺麗を保つためには、どこでも耳にすることですが、やはりバランスのとれた食生活と適度な運動が大切です。

カテゴリー: ダイエット日記 | コメントする

ダイエット方法を見つける

私がやってみて失敗だったとなと感じたダイエット方法は、食事を少なくするという食事制限によるダイエットでした。
食事制限によるダイエットは、これまで食べていた食事の量を半分ほど、もしくは半分いかににするという方法で、食事の量を減らすということから、はじめの頃は体重は落ちていきましたが、体重が落ちるよりもあらゆる問題が発生してきたので、食事の制限するだけのダイエット方法は、あまりおすすめできないなと感じました。
食事制限によるダイエットでは、食事を減らすことから、元気が出ずにつねに脱力感みたいなものを感じたり、朝には貧血のような症状が出てきたり、特に風邪を引きやすくなったりしたので、これまでとってきた栄養が足りていないんだなと感じ、食事というものはしっかりとらなくては、人はいきていけませんし、体の調子が悪くなるんだなと感じました。いくら体重を落とすことができたとしても、体の具合が悪くなってしまっては、どうしようもないので、この体験以来食事を極端に減らすダイエットはやめました。
食事を制限するだけのダイエットをやめてからは、炭水化物をあまりとらないというダイエットをしてみましたが、パンや白米を控えるという方法だったので、野菜やお肉は通常通り食べていましたが、あまりお腹がふくれないので、あまり自分には向いていないということがわかり、次にあえて白米を多めにとりながら、おかずを少なくするという方法のダイエットをしましたが、この方法は自分にあっていたのか、白米を多めにとりおかずに少なくするという方法をとることで、少しずつではありましたが、体重を落とせることができるようになりました。白米をとることによって、むだなおかずを食べずにすんだり、ヘルシーなおかずや汁物でも気持ちもお腹も満足することができるようになり、白米はお腹にたまるので、むだな完食もしなくなり、少しずつではありましたが体験落とすことができたので、人それぞれにあったダイエット方法を見つけるということが大事なんだとかんじることができました。

カテゴリー: ダイエット日記 | コメントする

Hip hop AbsというダンスエクササイズのDVD

成功例はHip hop AbsというダンスエクササイズのDVDを使っていたときです。DVDのBoxになっていて、家電量販店などで売っています。
私は友人に教えてもらい興味本位で購入してみました。
六畳程の広さがあればできるもので、特に準備するものはなく、あれば、ヨガマットと小さなダンベルとかウェイトのついたグローブがあるとより良いです。
毎日どんなに疲れていても、最低でも40分はやっていました。
最初はついていくのもやっとでしたが、毎日やることで徐々に慣れて、できるようになり、1週間もすれば楽しくなります。その頃には絞りたい箇所を意識してやることもできました。
結果腹筋、特に腹斜筋、おしり、太もも、二の腕、女性の気になるところもしぼれ、体力もつきましたし、もちろん体脂肪率も落ちました。筋肉ムキムキになるわけではなく、キレイな形になっていきました。仕事後で疲れていても、体がスッキリするような達成感と清涼感もありました。立っているとき、座っているときの姿勢も、よくなりました。
その間は食生活は何も変えずに、お酒も飲んでいましたし、間食のおかしも食べていました。
毎日やることで、呼吸のしかたもHip hop Absのやりかたになっていて、仕事中も常におなかには意識した状態、腹筋に緊張感があったような状態だったと思います。
ダンスが好きな方にはオススメです。

失敗例は、夜の炭水化物抜きダイエットです。
何かで炭水化物抜きダイエットは女性には不向きだと聞いたことがありますが、私はあまり効果は得られませんでした。
もちろん間食やお酒はとっていません。
運動も毎日1時間はウォーキングしていました。
また、栄養管理士さんの指導で1日3食の内容を見てもらいましたが、特に改善ポイントはありませんでした。
テレビなどで紹介している置き換えダイエットですが、常日頃から無意識にやってたようで、食生活に改善ポイントがないので、おそらく運動量が不足しているんだと思います。

カテゴリー: ダイエット日記 | コメントする

テーマは「習慣」

ダイエットを始めたきっかけは「健康」を意識し始めたことです。
なかなか夜は寝付けない、仕事中に眠くなる、帰ってきたら極度の疲れ。
何かの病気かとも疑いましたが、近くの大きな病院行っても深刻な異常は無し。
ただ明らかに不摂生な生活なのは間違いないので見直そうと決意。
テーマは「習慣」にしました。
朝起きる時間、1日の食事量、適度な運動、夜寝る時間などを思いきって変えました。
朝起きる時間は6時。眠くても体を必ず起こす事から始めました。
しっかり起きる為に「起きたらやる事リスト」を作り、毎日続けて少しずつ増やしていきました。
因みに初めは「体重計に乗る」でした。
食事量は朝昼夜しっかり食べる事から始めました。
よく食べ早食いな私は、いきなり食べる量を減らしたら必ずどこかで断念してしまうかもと思ったからです。
それからルールを少しずつ増やしていきました。
野菜は最初に食べる、ゆっくり食べる、ご飯はおかわりしたいと思っても3分待つ。
無理なく徐々に慣らす事を心掛けています。
時間の合間にはストレッチやランニングをしています。
どのように行うかはインターネットや実際にトレーニング関係の本を買い、自分にやり易いと思う運動、やりたいなと思う運動を選びました。
首、肩、お腹、背中、足を一つずつではなく、まんべんなく伸ばせるストレッチを中心に進めて、その日に気になるところは念入りにストレッチしています。
ランニングは週3回にしています。
週3回なのは体を回復させる時間を作る為です。
体がボロボロでは続けたくても続けられないので。
ランニングを始めて20分でようやくエネルギーが消費側され始めるので、そこから出来るだけ時間をかけて走ります。距離は気にしていません。
たまに歩幅を広げたり、腰を捻ったりと動きがマンネリにならないようにしています。
寝る時間は日により帰宅する時間がまちまちなので、帰宅後一時間半くらいで寝る事を心がけました。
初めは馴れるまでに体がついていきませんでした。
それでも続けていくうちに体が軽くなり初めて、少しずつ体重も減り始めました。
ペースはゆっくりですが4か月で10キロダイエット出来ました。
なかなかダイエット出来ない方は痩せるに着目するより「習慣」を作る事に夢中になってくれれば楽しくダイエット出来ると思います。

カテゴリー: ダイエット方法 | コメントする

家事をやって空いた時間で家の周りを30分から1時間歩く

私のダイエット方法は、運動が苦手なため軽めの運動、食事制限も辛いので食事時間を決めるということです。以前テレビでやっていたのを思い出し、夜19時以降はなにも食べないというものです。もともと夜勤のある仕事をしており、生活が不規則で夜中にご飯を食べたり、間食したりと食事時間もバラバラ、間食も気にせずしていました。すると案の定だんだんと太ってきました。旦那にも太ってきたんじゃない?と言われたこともあり、自分自信でも顔の肉や二の腕、足が太くなってきた気がしていたのでダイエットしなきゃ、、と考えていました。

妊娠を期に退職したためこれはダイエットのチャンスだと思い、産後はダイエットを始めました。朝、昼、夕とだいたい決まった時間に食べるように心がけるようにしました。旦那の協力も必要であり、夜ご飯は旦那の帰りを待っていると7時を過ぎてしまうこともたまにあるため、事情を理解してもらい19時までには食べるようにしています。その後はお茶、水のみで間食はしません。その時間までは間食もしていました。子供が産まれてからは、夜間の授乳で何度も起きるため間食もしたくなりますが、そこは我慢我慢でした。

また、運動も健康のためしたかったのですが激しい運動はなかなか難しいためウォーキングはするようにしています。朝旦那と子供たちを送り、家事をやって空いた時間で家の周りを30分から1時間歩くようにしています。雨の日は買い物に行った時にデパートの中を歩くなどしています。

私がやっていたのはそれだけですが、やはり夜の食事時間と間食がなくなるだけでも体重は1ヶ月で2キロほど痩せました。

食事制限は私はできない、、と思っていたので、きつい食事制限はしていません。ですが食べる順番や、野菜を多めに摂るということは気をつけるようにしています。初めの一口は野菜から食べると、急激に血糖値が上がらなくて良いようです。野菜は多めに、初めの一口は野菜から、というのは毎回守るようにしています?

カテゴリー: ダイエット日記 | コメントする